簿記の必要性について

思いがけないきっかけで、簿記に関わることがあります。


  • 学校の授業で「簿記」を受けなければならない
  • 会社で「簿記」を取るように言われた
  • 就職前の課題で、簿記の問題を解かされる

例えばこのような時です。

社会は「簿記」に対して、過大評価しすぎています。

公認会計士の私が断言しますが、簿記を分かってもお金の流れは分かりません。

簿記1級を取っても、税理士になっても、公認会計士になってもお金の流れは分かりません。

もちろん、会社の経理部や会計事務所で働く場合には簿記の知識は必要です。

しかしそれ以外の場合、簿記の必要性はゼロと言えます。

簿記はどんな時に必要となるのか

簿記が必要となる状況は、たとえば次の状況です。


  • 経理部として就職した
  • 会計事務所で働くことになった
  • 公認会計士や税理士になりたい

簿記の知識を直接的に使う仕事の場合、簿記を理解する必要性があります。

簿記が必要とされないシチュエーション

次に、一見簿記が必要そうだけど、実はそうでないシチュエーションです。


  • 就活で有利になりそう
  • 学校の授業
  • 社内の課題・研修
  • 株式投資等に役立ちそう

就活ではほぼ有利にならない

就活で有利になるのは、銀行員や経理部員、会計事務所等に就職する場合だけです。

簿記は専門性の強い分野なので、その他の職では絶対に必要ありません。

簿記は英検やTOEICに次ぐ受験者の多い資格ですが、就活で要求されないのに取得しても、意味がありませんよね。

学校の授業ほど不要なものはない

経済学部・商学部などでは、簿記の授業を必須としている大学もあります。

また、商業高校・工業高校でもそうですね。

しかし将来簿記を使う予定がないのであれば、これらの授業の必要性はゼロでしょう。

単位をもらうためだけの勉強は、何の財産にもなりません。

社内の課題・研修もムダ

学生時代はさほど馴染みのない「簿記」ですが、なぜか会社員になると簿記をやれとか言われたりします。

実際に仕訳を切るわけでもないし、決算書を読む機会もほぼ無いでしょう。

多くの従業員が、簿記の必要性に疑問を感じながら、仕方なく課題や研修をこなします。

会社は「簿記さえ取らせておけば、お金の仕組みを多少理解してくれるだろう」と考えているようですが、おそらくその課題を出した当事者でさえ、お金の仕組みを理解していないでしょう。

簿記=お金に強い資格 という勝手なイメージから、会社内での課題にもなりやすいですが、今後二度と使うことのない知識です。

会社からの評価を維持するためには必要かもしれませんが、理解をする必要性はゼロと言えます。

簿記を知っても、株式投資には役立ちません

株式投資において必要なのは「決算書を読む能力」です。

決算書を読むのであれば、簿記を理解する必要性はゼロです。

簿記を知らなくても、決算書は読めるようになりますからね。

必要性がないのに勉強する=人生の無駄である

必要性のない「簿記」というものを勉強すると、色々と無駄が生じます。


  • 必要性がないので、時間を無駄にしている
  • 無駄に労力を消費するため、疲れる
  • 他のやるべき作業ができず、機会損失が生じる

時間のない学生や社会人にとっては、もはや害悪です。

必要がないことは、外部委託すべき

最後に宣伝ですが、このように簿記の課題をムダと感じたら、当サービスに代行を依頼するとお得です。

公認会計士が高品質な回答を作り上げるので、サービス内容は問題なしです。

更に時間を浪費せず、自由時間や自己啓発に充てることができますので、まさに時間をお金で買えます。

もしも時間を節約したければ、当サービスへ代行をご依頼ください。