簿記の課題代行なら「エージェントCPA」にお任せください。現役の公認会計士が、最高品質の代行をさせていただきます。

本記事の想定読者

  • 産業能率大学からの簿記のレポートの「解答」が欲しい方
  • 会社からの課題を、プロに代行してほしい方

簿記の代行を依頼する

 

 

産業能率大学の簿記レポートの【答え】を、代行して作成いたします。

最近、産業能率大学の簿記レポートに関しまして、数多くお問い合わせ頂いております。

お問い合わせ例

  • 4月30日までのレポート課題を、代わりに回答してほしい
  • 会社から産業能率大学の簿記レポート課題が出たが、自分では合格点を取れないため、答えがほしい

Googleで検索してみると、「課題の回答」を販売しているWebサイトがあります。しかし、このようなサイトには「最新のレポートの解答」が存在しないため、このようなお問い合わせを数多く頂いております。

そこで、産業能率大学の最新レポート課題に対応すべく、簿記の課題を現役の公認会計士が代行して回答するサービスを提供させていただきます。
簿記の代行を依頼する

作成した「答え」の精度は?

公認会計士は簿記・会計のスペシャリストであり、プロの専門家です。

簿記3級であれば95%以上、簿記2級であれば90%以上の正答率を安定して確保します。

公認会計士が簿記レポートを代行するサービスは、弊サービスだけです。

 

産業能率大学:簿記3級の回答

簿記3級で問われる内容は、「基本的な商業簿記の知識」です。

簿記3級試験の難易度は低く、一般的には100時間程度の勉強時間で合格できると言われています。

そのため、弊サービスでは平均して95%以上の正答率で回答を作成させていただきます。

「正答率が高すぎると、逆に会社から(不正をしたのではと)疑われるのではないか?」という疑問もあるかもしれませんが、簿記3級レベルのレポートであれば、満点回答も珍しくなく、まったく問題ありません。

それでも、もし「疑われるのが怖い」という方は、提供した回答の一部を(あえて)誤って回答して頂き、正答率をご自身で調整して頂くと良いでしょう。

簿記の代行を依頼する

 

産業能率大学:簿記2級の回答

簿記2級では、「商業簿記」に加えて「工業簿記」の知識が問われます。

難易度は簿記3級からさらにレベルアップし、合格までに350時間程度の勉強時間を要すると言われています。また、合格率は約20%です。

そのため、簿記の知識がゼロの方にとって、合格点をとることは非常に難しいと言えるでしょう。

しかし、弊代行サービスでは現役の公認会計士が回答しますので、平均して90%以上の正答率で回答を作成させていただきます。

特に、会社からの課題として「産業能率大学の簿記課題」を課されている場合には、60点または70点で合格点とされているケースが多いです。

そのため、弊サービスをご利用いただくことで、簿記の知識が一切なくとも社内合格水準を満たすことが可能です。

簿記の代行を依頼する

 

簿記レポート代行のスピードは?いつまでに解いてくれる?

エージェントCPAでは、いつでも代行を受け付けております。

また、「できれば早めに解いて欲しい」というニーズが多いため、基本的にはご依頼日から2日前後で回答をお届けいたします。

なお、レポートへの回答方法は原則「メールでの回答用紙添付」となります。

課題代行の具体的な流れは、次のページをご参照ください。
>>簿記の課題代行の流れ

 

レポート代行の料金は?

産業能率大学の簿記レポートの代行価格は、(何級であっても)時給換算した料金を請求させていただきます。

レポート代行の料金

1時間:3,000円

時間数のお見積りは、実際にお問い合わせいただき、問題の内容を拝見した上で判断させていただきます。

宿題代行業者の相場は「1時間5,000円」程度となっており、弊サービスは他社比でも非常にリーズナブルな料金となっております。

簿記の代行を依頼する

 

「簿記」は、決して仕事の役に立ちません。

最近では、産業能率大学の簿記レポートを「社員育成のため」として、提出を義務付けている会社が増えています。

しかし、簿記3級や簿記2級を習得したところで、仕事の役に立つ事はほとんどありません。(経理部・財務部を除く)

簿記を知ることで得られるのは、「決算のやり方」であり、決して「お金の仕組み」「ビジネスの流れ」ではないからです。

仕事に役立たない単なる宿題は、わざわざ覚えても時間のムダです。

専門家に外注し、空いた時間を自由に使う方が、よっぽど効率的と言えるでしょう。

簿記の代行を依頼する